ガジェ子のブログ

女子のガジェット探し

ガジェ子のブログ

AirPods2レビュー。複数のアップル製品を持っているなら買って損はないワイヤレスイヤホン

f:id:keiba-jyoshi:20190406103922j:plain

こんにちは!ついにAppleのAirPods第2世代(通称AirPods2)を手に入れました。AirPodsは、複数のApple製品との連携が魅力である完全ワイヤレスイヤホン。
 

デバイスがApple製品だらけで、もはや信者の私ですが、最近まで

AirPods要らなくない?他のワイヤレスイヤホンで十分!

と思っていましたが、AirPodsは唯一無二の存在でした。結果、購入してとても満足しています。

今日はそのAirPods2を購入してから数日の使用感などを中心にお伝えしていきます。

 

※私は初代AirPodsは視聴したのみで、購入はしていないため細かい部分はわかり兼ね流ので、今日は初代との比較ではなくAirPods2単体のレビュー記事になります。ご了承ください。

AirPods第2世代は2種類

  • AirPods with Wireless Charging Case(ワイヤレス充電対応)
  • AirPods with Charging Case(ワイヤレス充電非対応)

 

AirPods第2世代はここが変わった

  • 通話時間が長くなった
  • デバイスの切り替え時間が短くなった
  • 「Hey Siri」でSiriが呼び出せるようになった
  • ワイヤレス充電が可能になった(Wireless Charging Case時のみ)

 

AirPods第2世代のスペック

Bluetoothバージョン Bluetooth5.0
チップ H1
最大通信距離 10m(障害物なし)
ケース満充電からの連続通話時間 18時間
ケース満充電からの連続再生時間 24時間
通話時間 3時間
音楽再生時間 5時間
充電時間 1.5時間(イヤホン)、3.5時間(充電ケース)
充電方式 ワイヤレス・Lightning
充電ケースサイズ 44.3*21.3*53.5 mm
イヤホンサイズ 16.5*18.0*40.5 mm
充電ケース重量 40g
イヤホン重量 4g

 

今回購入したのはAirPods with Charging Case

わたしは現在ワイヤレス充電をそれほど必要としていないため、今回はlightningケーブルで充電するタイプの「AirPods with Charging Case」を購入しました。

こちらのタイプを購入しても、イヤホンの性質自体は変わりません。

AirPods with Charging Caseを購入してから、もしワイヤレス充電をしたくなった場合は「Wireless Charging Case for AirPods」というケース単体を別途購入すればいいだけ。これでワイヤレス充電ができるようになります。

 

AirPodsでできる操作

音楽再生、音楽停止、曲送り、曲戻し、電話応答

 

AirPodsの内容物

f:id:keiba-jyoshi:20190406185001j:plain

充電ケース・AirPods、Lightningケーブル、説明書

 

AirPodsの実機レビュー

ケースはとてもコンパクトでとても軽い!

f:id:keiba-jyoshi:20190406185051j:plain

背面が第1世代のAirPodsと少し違っているようです。見分ける場合は背面を確認しましょう!

f:id:keiba-jyoshi:20190406185521j:plain

ケースの底にLightningケーブルをつなぐ部分があります。

f:id:keiba-jyoshi:20190406185631j:plain

残充電のインジケーターは蓋を開けた状態の中央部分にありました。

f:id:keiba-jyoshi:20190406185722j:plain

ケースの蓋をあけると、さっそくiPhoneの画面にAirPodsのペアリングをするポップアップが表示されます。これで接続を押すだけで、初回のペアリングが済んでしまいます。2回目以降はこの画面は表示されません。自動ペアリングです。

f:id:keiba-jyoshi:20190406185837j:plain

たった数十秒で画面が切り替わりました。ペアリングは完了です。

f:id:keiba-jyoshi:20190406190122j:plain

iPhoneの画面には、ペアリングが完了したAirPodsのケースとイヤホンの充電残量が表示されます。

f:id:keiba-jyoshi:20190406190231j:plain

 

このあとは耳に装着して、音楽を再生するだけ!
ケースの蓋を開けてから音楽再生までわずか1分くらいでしょう。とても簡単でした。 

 

AirPods第2世代の音質

とてもクリアな音です。高音と低音が特に強い感じがします。

 

AirPods第2世代の良いところ

Apple製品との連携が素晴らしい

私はMacBook2台、iPad Pro、Apple Watch、iPhoneと計5台のApple製品を使っているのですが、AirPodsを各デバイスに切り替える際はとても簡単。この点については、他のイヤホンを使う気になれないくらい快適です。

 

圧迫感がない軽い装着感

初めてAirPodsを着けたときに、イヤホンがとても軽く着けている感じがほとんどしなかったので、とても驚きました。長時間着けていてもストレスフリーです。

 

ケースが小さい

デニムのポケットにも入れても邪魔にならないくらいのコンパクトサイズ。携帯性がとても良いです。

 

15分充電しただけで3時間使える

よく充電をし忘れる人にとって、とても好都合。
Apple Pencilが30秒充電しただけで15分使えるという機能と同じ感じでしょうか。
Appleのこうゆうところ大好きです。

 

AirPods第2世代の気になるところ

遮音性はほとんどない

購入する前に混雑している家電量販店で試聴したのですが、外の音がかなり聞こえていていました。

 

ケースからイヤホンが取り出しにくい

爪が伸びている女性はAirPodsを取り出しにくいでしょう。表面がツルっとしているので、爪を使って取り出そうとすると滑ってしまいます。

指の腹を使って、耳を塞ぐ部分をつかむようにすると取り出しやすいような気がします。

 

防水ではない

防水ではないのでスポーツジムやランニングなどの際には慎重にならざるを得ません。
AirPodsは簡単に買い換えられる値段ではないので、スポーツ時は防水のワイヤレスイヤホンを使っています。

 

まとめ

AirPodsは購入する前は正直「本当に要るかな?AirPodsって高価だし、同じ値段を出せば他のワイヤレスイヤホンの方が良いのありそう。」と思っていました。しかし購入して実際に使ってみるとAirPodsはAirPodsにしかない良さがたくさんあることに気が付きました。この記事を読んでくれているあなたが、ひとつでもApple製品のデバイスを持っているなら、AirPodsは購入して間違いは無いはず。もし複数のApple製品を持っているならばAirPodsはマストです!