ガジェ子のブログ

女子のガジェット探し

ガジェ子のブログ

Anker PowerPort Atom PD 1 レビュー。あらゆるシーンで活躍してくれる万能充電器でおすすめ

f:id:keiba-jyoshi:20190330154352j:plain

こんにちは、ガジェ子です。

Ankerから昨年末に発売され、公式サイトやAmazonで大人気!
PowerDelivery対応の充電器『Anker PowerPort Atom PD 1』を先日購入しました!

こちらのAnker PowerPort Atom PD 1はiPhoneなどのアップル製品や、USB-C機器のあらゆるデバイスが充電でき、充電器はこれひとつでOKという画期的な次世代型ガジェットとして呼び声が高いです。

今日はそのAnker PowerPort Atom PD 1を実際に使ってみた感じなどについて記事を書きました。ぜひご覧ください!

 

 

Anker PowerPort Atom PD 1の特徴

f:id:keiba-jyoshi:20190330145108j:plain

新素材GaN(窒化ガリウム)採用

これにより従来のシリコン素材に比べ、エネルギー効率が高く、使用時の発熱が抑えられる仕様となっています。

コンパクト

大きさはゴルフボールと同じくらいの大きさ。一般的なノートPC付属の純正充電器と比べおよそ40%も小型なデザインです。

パワフル

最新のスマートフォンには30分の充電時間で最大50%まで充電、USB-C対応ノートPCへは最大30W出力によるフルスピード充電が可能です。

高い互換性

 iPhoneiPadMacBookなどのアップル製品および、あらゆるUSB-C機器への充電が可能です。

 

Anker PowerPort Atom PD 1のスペック

入力 100 - 240V ~ 1.2A 50 - 60Hz
出力 5V ⎓ 3A / 9V ⎓ 3A / 15V ⎓ 2A / 20V ⎓ 1.5A (最大30W)
サイズ 約35 × 41 × 55 mm
重量 約53g

 

Anker PowerPort Atom PD 1の内容物

f:id:keiba-jyoshi:20190330144332j:plain
充電器本体、説明書、カスタマーサポートに関する紙

※充電ケーブルは付属しません。自分で用意する必要があります。

 

Anker PowerPort Atom PD 1実機レビュー

f:id:keiba-jyoshi:20190330145403j:plain
f:id:keiba-jyoshi:20190330145419j:plain

ケーブルを挿す表面はツルッとしていて、側面はサラッとしているちょっと変わった質感。

 

手のひらに乗せてみると、こんなに小さいんです。

f:id:keiba-jyoshi:20190330145534j:plain

開封してAnker PowerPort Atom PD 1を取り出したときに、想像していた以上に本体がコンパクトだと感じました。サイズ感としては、iPhoneの純正充電器が一番近い大きさではないでしょうか。とにかく小さいです。

 

手持ちの充電器と大きさと重量を比べてみましょう。まずはiPadの純正充電器から。

f:id:keiba-jyoshi:20190330145829j:plain

左:iPad純正充電器(10w) 右:Anker PowerPort Atom PD 1

f:id:keiba-jyoshi:20190330145921j:plain

Anker PowerPort Atom PD 1の方がケーブルを挿す表面は横に長くコロンとしている印象。側面はAnker PowerPort Atom PD 1の方が圧倒的に小さいですね。

 

iPad純正充電器の重さは、約65g。これでも持ったときの重さは不自由さを感じない重さに十分仕上がっているのですが…

f:id:keiba-jyoshi:20190330150750j:plain

 

Anker PowerPort Atom PD 1の重さはたった、約54gとめちゃくちゃ軽いです。iPad純正充電器よりもパワフルなのに軽いってどうゆうことっ!?

f:id:keiba-jyoshi:20190330150953j:plain

 

続いて、MacBookの純正充電器と比べてみます。

f:id:keiba-jyoshi:20190330150216j:plain

左:MacBook純正充電器(30w) 右:Anker PowerPort Atom PD 1

f:id:keiba-jyoshi:20190330150213j:plain

MacBookの純正充電器と大きさを比べると、かなりAnker PowerPort Atom PD 1が小さいことがわかります。

MacBook純正充電器は約105gで、手で持っているとなかなかの重量感があります。(それでも以前のMacBook Airなどの充電器より軽いですが。)

Anker PowerPort Atom PD 1の重さは既出の通り、約54gですからMacBookの純正充電器に比べると、ほぼ半分の重さです!

f:id:keiba-jyoshi:20190330151154j:plain

 

これで充電速度が十分ならば、もう純正充電器を持ち歩かなくてもいいんじゃない!?と思ったので、試しにMacBookのケーブルをAnker PowerPort Atom PD 1に挿して充電してみました。

f:id:keiba-jyoshi:20190330151655j:plain

充電容量の70%くらいまでは、1%=約1minといった具合で充電されていました。MacBookの充電に関しては純正充電器とほぼスピードは変わらないといった感じでしょう。もちろんMacBookを操作している間にも充電がどんどん溜まっていきます。

 

Anker PowerPort Atom PD 1の良いところ

パワフルなため充電器が1つで済む

レビュー内容からもわかる通り、MacBookiPadiPhoneも全て充電できるんです。旅先や外で作業をするときもコレひとつで賄える。それってかなり素晴らしいことだと私は感じています。

 

充電器が小さくて軽い

外で作業をする人や女性にとっては、持ち歩く荷物の量が充電器ひとつでかなり変わってくるので、コンパクトかつ軽量って大事なことだと思うんです。

Anker PowerPort Atom PD 1ならば、iPhone純正充電器と大きさは変わらない大きさで荷物の軽量化・小型化に一役買ってくれるのではないでしょうか。

 

 

Anker PowerPort Atom PD 1の気になったところ

プラグが折りたためない

f:id:keiba-jyoshi:20190330153240j:plain

Anker PowerPort Atom PD 1の気になるところはこの1点に尽きます。これは充電器を小型化したことによる代償だと思います。しかし、プラグ部分を折りたためないとなると他の機器を傷つける可能性があるので、一緒に保存するのを諦めるか別売りのプラグカバーを購入して対応しましょう。

 

まとめ

今日はAnker PowerPort Atom PD 1についてのレビュー記事を書きました。

私は持ち運び用として購入しましたが、Anker PowerPort Atom PD 1の使い勝手が思った以上に良く、我が家にあるアップル製品の充電器はほとんどコレになってしまったほどで、日常生活において大活躍してくれています。

一度使ったら離れられなくなること間違いなしの充電器です!